初めて始める時という場合には、何よりも事前調査を怠ってはならない。。トレードを始める前であったならば、出来事を客観的に見ることが可能です。ところが、ただ一度取引の内部へ立ち入ってしまうとどう試みても考え方が客観性を欠くものになり往々にして真っ当な見方が出来なくなる。危険があります。だからこそ自分自身の客観的な間に正しく事前準備をしておくことが大切です。その”準備”とは、まずは自分なりの筋書きを記す事からスタートする。将来のマーケットはああだから、豪ドルを売買するといった、あなたなりの台本を書いていきます。次はローソク足チャートをチェックする事です。これまでの相場の値動きを見極めて、今現在の相場を調べます。そうしたら、「今現在は相当偏った状況にあるな」など、それとも「もはや大方の投資家が仕かけているから今さら自分がエントリーしても今さらやりようがない」ということが見えてくる。もちろん今となっては買い(または売り)するのがなすすべがないと考えたら何もしないで、ここはきっぱりと諦めることが肝心です。どうしても自らの物語を押し通して強引に注文すると市場にやられてしまい、それどころか損をすることになりかねない。とは言うもののかなりのケースで、準備が出来ている自分自身の筋書きを思い描いておけば、買い(または売り)が間に合わないなという場面にはならないだろう。大方、現実に外国為替相場が動意づく前の状況のはずです。その次に差し当ってあなた自身が売買しようとしている通貨ペアの動きを、注意深く把握する事が必要です。仮定としてドル高が進むという台本を考えたのであればその外貨の変化に気をつけておきます。外国為替相場の上げ下げを注意を払い始めた場面ではまだ該当の外貨は変動する素振りを見せず、小さな上下動をしているだけでしょう。だが、その変動をじっと調べていると、ある位置で着実にドル高の方向へと為替相場が向い始めます。この状況でいよいよ、ドルの新規注文を出すのだ。基本的に、そこまで用意をやっておけばそのトレードで勝利する確率は大きくなるはずです。